禁煙グッズ

タバコのニコチン&タール

タバコのニコチンとタールに関する言葉に、よく低ニコチン、低タールとして使われます。

低ニコチン、低タールの特別な葉が使われるわけではなく、タバコの茎を少し混ぜたり、フィルターの材質を変えたり、巻いてある紙に小さな穴をあけて空気を取り入れたりすることで、調節しているだけです。

ですから、フィルターを通して吸っているニコチンとタールは薄められていますが、副流煙については何ら変わらないか、むしろ開けられた穴の影響で増えています。

発がん物質や有害物質は副流煙の方に多く含まれていると言われているので、低ニコチン、低タールといっても、決して安全なわけではありません。そして喫煙していないのに、煙を吸ってしまっている周りの受動喫煙者には、低ニコチンでも、低タールでも、全く関係なく悪影響があるのです。



さらに、低ニコチン、低タールのタバコに変えると、1本を根元まで吸ったり本数を増やして、ニコチンの摂取量を増やそうとしてしまうので、結果的には意味がありません。

これらの軽いタバコというのは、機械で同じ力で吸ったときに軽いというだけのことなのです。

中途半端に低ニコチン、低タールのタバコに変えるよりも、すぱっとタバコをやめる方がいいのです。



TOP
禁煙の効果
禁煙成功のポイント
禁煙外来と医師の指導
禁煙外来の保険適応
タバコのニコチン&タール
禁煙グッズ


[PR]